平成25年度 収支決算額

      区社協ついての Q&A


  Q :地区社協ってどんな団体なの?
  :自治会の代表者や民生委員を含めた様々な団体の方が集まって「支えあいの地域づくり」
    に取り組む団体です。地区社協の組織はこちら「地区社協って?」

  :どんな取り組みをしているの?
  :住民による人と人とのつながりを大切にした「ふくし」を進めています。そのための様々な事
    業や研修会に実施、地域で活動しているボランティア団体等の応援をしています。誰にでも
    気軽に参加できますよ。

 :賛助会員ってなぁに?
  :市社協や地区社協の活動にご賛同いただける市民や企業の皆様が会員となっています。
    また、賛助会費は「支えあいの地域づくり」を進めるための貴重な財源です。賛助会費の
    内、一般賛助会費(1口200円)の5割は地区社協の活動費として分配されます。

 :地区社協活動の収入は? どんなふうに使われているの?
  :皆さんからの賛助会費や共同募金の配分金、寄付金(チャリティーゴルフ等)、バザー等で
    の収益、市社協からの育成交付金等により様々な事業を行っています。           

  :地区社協はどんな活動をしているの?
  :「支えあいの地域づくり」を進めるために@主催事業 A様々な地域団体への支援 B賛助会費
       や各種募金活動の協力を行っています。
     @主催事業    
     <情報を理解していただくために> <地域の支えあいのために>
      ・広報誌「ふれあい」の発行      ・ミニリハビリ教室
      ・福祉講座・研修            ・独り暮らし高齢者給食サービス
      ・自治会福祉部長・研修        ・ボランティアグループ情報交換会
     <自主財源確保のために>      ・子育てサロン「おもちゃばこの開催」
      ・福祉バザーの開催 
   A様々な地域団体への支援  
      ・地区敬老事業への助成
      ・ボランティア活動の支援
      ・おしゃべりサロンの支援
      ・各種地域団体への助成
    B各種募金活動への協力
        
・市社協賛助会員募集
      ・日本赤十字社社員増強運動
      ・赤い羽根共同募金
       (戸別募金・法人募金・街頭募金)
      ・年末たすけあい共同募金

  :なぜ地域には地区社協が必要なの?
 :いま「福祉」と聞けば「サービス」というほど「プロの手」が入っています。しかし「プロ
    の手」だけではとどかないところもあります。住み慣れた地域で誰もが安心していき
    いきと暮らしていくためには人と人とのつながりを大切にした「支えあいの地域づくり」
    を進めていく必要性があります。
    地区社協はその地域づくりの要であり、なくてはならない団体なのです。                 











                                             ▲このページの先頭へ